祐斎亭の歴史
みなさまこんばんは。
今回は祐斎亭の歴史を少しお伝えします。

今の祐斎亭は明治2年に建てられたもので、以前は「ちどり」という料理旅館でありました。
そのため、祐斎亭の中には歴史を感じられるポイントがたくさんあります。

おもしろい所がたくさんある中で、今回は「柱」の面白いところをご紹介させていただきます。

a0090855_175119100.jpg


写真に写っている柱の中央部に何か見えるのがおわかりでしょうか?

近づいてみると・・・
a0090855_17522615.jpg
「クマミルク」とかかれたシールが貼ってありました。

いったいこのシールはいつ貼られたのか・・・
はたまたこの「クマミルク」というのは何なのか・・・

気になってインターネットで調べてみますと、どうやら大正~昭和にかけて実在した商品のようです。
この「クマミルク」は北海道練乳㈱という会社が製造しており、現在の大日本乳製品だそうす。
詳しくは・・・参考HP⇒http://www.dik.co.jp/seken/PRO/taisyo.html
参考HP⇒東京大学総合研究博物館画像アーカイブス:日本の新聞広告3000

このことで、遅くても昭和初期頃にこのシールは貼られたのではないか、と予想できます。

こういった昔の人の忘れものを見つけたとき、時代の流れを感じるのも一つの楽しみ方かもしれませんね。
[PR]
by yusai_okuda | 2009-09-16 17:47 | 嵐山 祐斎亭