カテゴリ:未分類( 14 )
春はまだまだ先のようで…
去る2月4日、立春。
暦のうえでは寒い冬が幕を閉じ、暖かい春が訪れるー
立春をすぎて数日は、日中が暖かい日が続いておりました。
少し、春を意識して期待を胸に秘めておりました。

本日は3連休の初日でしたが、全国的にまた冬に戻ったような
お天気でしたね。
皆様のお住まいの地域では、どんなお天気でしたでしょうか?


京の朝は、冷え込みが厳しく、空からはちらちらと、小さな
雪が舞う光景がみられました。

その姿は優雅で、寒さを忘れてしばし見惚れてしまうほど…



そんな美しい雪も、お昼が近づく頃にはすっかり消えてしまい
午後からはうすい雲に覆われておりました。
雨がふらなくてよかった。



京は雪が積もるほどではないものの、厳しい寒さに戻ってしまったよう。

寒い屋外に、暖かい店内。
激しい気温の差に適した服装は、どのようなものでしょうか?

お気づきの方もいらっしゃることでしょう。

そう、寒い冬こそ、着物がまさに快適なお召し物といえます。
お襦袢や着物を重ね、コートを羽織る。
日本ならではの重ね着。
着物は保温性・通気性に優れているため、暖かい店内でも暑すぎず
快適に過ごせるでしょう。
着物をはじめるのに良いキッカケになるのがこの季節かと思います。

来る3月には「伝統産業の日」がやってきます。
「伝統産業の日」には、各地で着物を着ていると優待される嬉しい
サービスが多くあります。
来月は、ぜひ着物姿で京の街を散策していただきたいです。

もちろん、伝統産業の日以外でも是非着物姿で雅に散策をお楽しみいただきたい…


連休の2日目。
素敵な休日をお過ごしくださいますよう祈っております。
by yusai_okuda | 2011-02-12 02:14
冬本番。幻想的な嵐山
底冷えの京都。

京の冬は、とっても寒いのが有名です。

厳しい寒さでも、細い糸をピン、と張り詰めたような
冷たい空気が、新鮮に感じられるのが冬の良さかと思います。

冷たい風に、身も心も引き締まる。

寒いだけでない、冬の良さを感じられるのも京都の魅力でしょう。


また、冬と言えば、誰もが想い浮かべるのが「雪」ですね。

本来、京の中心はあまり雪が積もらないのですが、
今年は各地で積雪が報告されております。

嵐山に工房をかまえる祐斎亭も例外ではございません。
真っ白な雪化粧に身を包む。

a0090855_19321779.jpg

雪の嵐山は幻想的でした…


祐斎亭の玄関先では、タヌキも雪化粧でお出迎えです。
a0090855_19331013.jpg



厳しい寒さで、ついついお出かけに億劫になりがちですが、
思い切って、日本の冬を体感しに、嵐山へおでかけしてみませんか?

きっと、冬にしか感じられない嵐山の自然のたくましさや
冬にしか味わえない暖かい出来事に出逢えることでしょう…
by yusai_okuda | 2011-01-30 19:36
可憐。夕顔の着物。
a0090855_18494680.jpg

by yusai_okuda | 2010-07-12 18:49
浅草より夏が届きました!感謝!
a0090855_18385669.jpg

by yusai_okuda | 2010-07-12 18:39
夢黄櫨染 in 高松
a0090855_19334526.jpg

by yusai_okuda | 2010-05-17 19:33
夢黄櫨染 in 高松
a0090855_19325010.jpg

by yusai_okuda | 2010-05-17 19:33
夢黄櫨染 in 高松
皆様のお越しを心より、お待ち申しております!
a0090855_19314267.jpg

by yusai_okuda | 2010-05-17 19:32
東京からの素敵なお客様
去る4月9日、桜が舞う祐斎亭に、東京から素敵なお客様がいらっしゃいました。
東京のきものの女王に選ばれた、橋本洋美さまがいらっしゃいました!

今回、格式ある信用交換所の情報誌「京ウェーブ」の特集で、
京都の工房での体験をテーマにいらっしゃいました。
a0090855_11402048.jpg
取材の写真撮影で笑顔を見せる奥田祐斎と橋本様
a0090855_11135042.jpg
夢黄櫨染のスカーフで色変化を体験されました。

今回の様子は8月に掲載予定です!

橋本様、スタッフの皆様、遠いところをお越しいただき
ありがとうございました!!

8月の掲載が楽しみです!
by yusai_okuda | 2010-04-14 11:49
嵯峨天皇奉献 華道祭
3日間にわたって開催された華道祭の最終日。
a0090855_181363.jpg

御奉納記念として展示をさせていただき、
多くの方に夢黄櫨染をご覧頂くことができました。

皆様、ありがとうございました!!

祐斎亭では、夢黄櫨染のスカーフやお着物など
多くの作品がございます。
嵐山へお越しの際は、歴史とアートを体感できる
祐斎亭へお立ち寄り下さいませ。

電話 075−881ー2331
FAX 075−881−2321
※お電話でご連絡の上、お越し下さいませ。
by yusai_okuda | 2010-04-12 17:06
明日から大覚寺にて・・・!
明日4月10日(土)から3日間、旧嵯峨御所 大覚寺門跡にて
華道祭の期間中、夢黄櫨染の特別展示をさせていただきます。

多くの皆様にお会いできることを楽しみにしております!
a0090855_1817159.jpg

by yusai_okuda | 2010-04-09 18:07